十勝鉄道コハ1とコハ7続き2018年11月01日 21時01分22秒

漸くここまで、リブ類と手摺りまで出来ました。作業上 室内側のスプレー糊がべた付くので マスキングを先に済ませてます。明日は車体下塗りです。

十勝鉄道コハ1とコハ7続き22018年11月02日 21時54分06秒

塗装を済ませて窓ガラスを入れ、押さえ板も付けました。明日は補強材や下回り部材の切り出しと屋根に掛かります。
後ろは草軽バージョン、ミニモニター屋根?らしきもので、油灯のみでは屋根上が寂しいので、今回から乗せてみます。

次はラッセル車ですが これ一つではつまらんので、序でに十勝コハ21か苫小牧のケホユニ860でもと考えてます。此方は車体長122mmで屋根が低いタイプとなります。
苫小牧客車に共通する事ですが、ユ、ニにはデッキの手摺りが見えんのです。搬入出に邪魔なので、敢えて付けなかったのかと考えますが、危ないですなぁ。

またサトウキビと甜菜の違いはありますが、同じ製糖と云う事と似た様な日車SLが居たので、台湾製糖会社の水タンク車も製作予定に入ってます。先に作るかも。(^^)

十勝鉄道コハ1とコハ7続き32018年11月05日 20時56分58秒

現況を少しだけ。 照明関係はこれからなので、屋根は乗せてあるだけです。実物は画像より可愛らしくて格好好いですぞ、これもお気に入りになりそうです。
十勝鉄道で一番両数の多い車輌、甜菜運搬用の”セ”ですが、リベットをどうするかで結論が出て居りません、まだ時間が掛かりそうです。
他に かって西尾克三郎氏だったと思いますが、その写真に写っていた 変った扉のワフの図面が有りますので、此方も順次作ります。
また レタリングはもう少し車輌が溜まってから行います。

昔の台湾製糖会社には小さい客貨車やSLに私好みの車輌が数多く在籍してました。その中でも小型の水タンク車に魅かれてますが、取り合えず1両作ります。やっつけで作れば何とかなるでしょう。(^^)

水タンク車2018年11月07日 23時28分04秒

ラッセル車より先に水タンク車を作ります。過去のRF画像を参考にサイズを割り出し、作ってみました。
SL後尾に繋げるため、WB32mmと車体長は短めにしてあります。給水口の蓋や排水コック等、小物はこれからです。中央床も空けた方が良かったですね。 余分なホース等も積みましょう。

他に縦長円筒状のタンク車も作ります。台湾製糖では同じく水タンク車だと思いますが、銀色に塗って 大東島の糖蜜車にしても面白いと思います。
何か楽しくなって来ましたが、ラッセル車の他にも面白そうなものを物色しましょう。(^^)

古いデータの読み取り2018年11月08日 17時01分45秒

昔写した画像や古いフィルムをデータ化して、MOだけに記録しておいたもの、漸くWin7で読み取り可能になり、データの移し変えを始めました。
数年前、パソコンが逝ってしまってから データの読み取りが出来ずにそのままになっていたもの、今後何時でも参照出来る様に、この機会に整理して M-Discに収める予定です。

画像は20年余り前の西明寺です。

簡易軌道本2018年11月24日 19時30分08秒

出ましたね、此方にも漸く届きました。釧路管内ですが、車輌の図面や橋梁と建築物の図面も掲載された事は、模型マニアにとって大変喜ばしい事です。
早くも2刷りに入っているとか、簡易軌道ファン必携の書と云えるでしょう。
Flag Counter