十勝コホハ31-22020年07月06日 21時32分32秒

大きさは車体長約165mmと尾小屋の車輌たちと大差ないので作り易いです。しかし1/48図は未だに見つかりません。探すのも面倒ですし この機会ですから再度原図より描き出す事にしました。

自宅待機中なので、のんびり時間を掛けて 不鮮明な図面より焙り出してからの作図です。(久々にデジタイザー活躍です。)
根気は要りますが毎日作業していれば何時かは終わるでしょう。(^^;)
追記!
図面描きが面倒なので 直接寸法を割り出して切り出しデータの書き込みをします。
デッキ付き旧型木造車の原形なので、デッキ部分の床が内側に入り込んでおり、一工夫必要です。製作中に考えながら進めます。
また石炭ストーブの台座が屋根上に有るので、煙突は是非とも付けたいですね。 尾小屋の方は屋根製作中です。(^^;)

尾小屋ホハフ 2 -72020年07月03日 00時09分56秒

スイッチを固定して台枠周りに掛かってます。エンドビームはそれっぽく曲線にしてボルトナット頭を埋め込みました。
デッキ床は3mm帯材を並べて貼ってます。デッキ部分が目立つので 片方に手ブレーキハンドルをセットしましょう。現役時代の画像は有ります。
スイッチは後ほど目立たぬ様に床と同一色に塗ります。何時もの様に 床下ボタン電池吊り下げです。残りは中桟とトラス棒ですね。

ここの処 じわじわと増えてるのも影響してか、スワップミートが中止とか残念です。
色々理由は有ると思いますが 米国の1/100、専門家会議の皆さんや陰で懸命に働いて居られる方々に感謝です。

風景を見るのを楽しみにしていた、看護師さんの山の動画も何ケ月もUPされてません。
また地方のコミュニティは狭いせいか、発表されなくても詳細は直ぐに広がります。一日も早く事態が快方へ向かう事を望んでおります。💚

十勝コホハ312020年06月29日 14時08分12秒

今更原図から作図するのは辛度いので 古い1/48図を探します。コホハ31、此を作られた方は何方も居られませんね、車体はやや長めですが是非とも1台仕上げましょう🎵
追記!
探して居りますが未だ見つかりません、捨てた覚えは無いので何処かに紛れ込んでいるのでしょう。まあゆっくりと探します。
あと河西から来た、デッキ付き2軸車コハ25も中途半端で止めてますので、これも折を見て仕上げます。(^^;)💜

苫小牧専用線の客車2020年06月28日 13時35分30秒

以前作りました 王子製紙苫小牧専用線の客車ですが、側板の厚みを表現するために 0.5mm薄板と細角材の組み合わせで作ってまして、かなり手間が掛かりました。(粗が目立ちます。)
そこで今回はケンラン紙を使ってもう少し容易に作ろうと思います。デッキ部分手摺りは 平角材で治具を作って量産可能にしましょう。前回車体色はご覧のAccu flexのマルーン色ですが、今回はもう少し暗い色にします。ただ国鉄マルーン色が好みで無いので、濃いワインレッドとか違う色を探してます。
追記!
支笏湖畔に佇む王子製紙苫小牧専用線の車輌たち、想像しただけで楽しくなりますね。ゆくゆくはジオラマレイアウトで表現しましょう。(やはり固定レイアウトかな?)💖

但し、苫小牧はもう少し資料を揃えたいので、尾小屋ホハフ2が済んだら ホハフ2と組立が似ている、十勝コホハ31とキハ2に掛かります。💖

尾小屋ホハフ 2 -22020年06月27日 15時32分48秒

側板3枚にリブ類を付け、何時もの様にタイトボンドで枠状に組みました。雨樋がやや太めですがまあ良いでしょう。他にも手摺りの位置など、元図を修整しておきます。
このあと下塗りを行いますが、面倒ですが手摺りは後付けとします。内板は4枚目を付けてからになりますので、片面だけ同時に塗っておきます。

ハフ4とホハフ7は面倒そうなので後回し。先に苫小牧をやりたくなりまして、先ずは6車種程度から。資料収集に動きたいですが、コロナ怖しで動けませんわ。(^^;)

フェイスカバー2020年06月23日 16時19分59秒

あははは、笑いましたが 私も既に用意してあります。今後何時まで続くか解らんので イベント、会合時は念のためね! 持病持ちは辛い処。
そろそろ気晴らしに動き始めたい処ですが、饅頭怖いでなく コロナ怖いので・・・。
大正時代を思わせる様な黒マスク、これからの季節は熱中症リスクが高まるとか。引きこもり中の私には関係無いですが、その割に工作が進みません。(^^;)

尾小屋の残りを仕上げたら久々に苫小牧客車を予定してます。以前は窓枠以外、薄板と細角材の組み合わせでしたが、今回はケンラン切り抜きで作るので、多少は作業が軽減されると思います。
車輌は 何方も作られてない郵便車等を予定してます。郵便車は山線用の短い車輌や浜線用のニやユニで長めのもの、ボックスタイプなどから作ります。ロコは工場専用の雨宮Cテンダー機を何とかしたいです。

お次は?2020年06月09日 16時37分25秒

相変わらず雑用に追われてますが、もう少しで一段落で お次へ掛かります。
ハフ4でしたね、またホハフ2も作っても好いかな?なんて考えてまして、6と同じ三重交からでサ342、ホハフ6がサ352、名古屋電車製作所製。

車体幅と車体長が同じですが、窓の寸法が違いますので 6同様画像から寸法を割り出す必要が有ります。
ちなみにホハフ5がサ322なので三重交カラーに統一しても良いかもです、となると電動車もね。
但し組立仕上げが面倒なので、何方か人柱に作られる勇士が居られましたら 車体をご用意いたします。そのうちね(^^;)

希望は大きめのレイアウト上をガンガン走らせる事ですわ💖
ご意見など御座いましたらどうぞ(^^)
付記!
これからダイオラマレイアウト制作を予定されている皆様、Oナローでは 8~9月頃見られる雑草、"カゼクサ"が使えますよ。
土手や空地、道端など、大きめのものから小さめまで、色々勝手に生えてます。
コツは未だ緑のうちに刈り取る事で、12~1月の完全に枯れてからでは脆くて使い物になりません。緑のうちに刈り取って室内で乾燥させて使うと 適度に強度を保持してます。

北関東には世界最古の磨製石器が発見された、岩宿遺跡がありますが、一昨年来 近場の阿左美駅沿いの道路が拡幅工事中で、地下3~4m掘り下げて遺跡調査を行ってます。
数キロ山沿いには貝塚跡もあり、恐らく数万年前の遺跡でしょう。💜
前橋の広瀬川沿いにも土饅頭然とした遺跡が数多く在りましたが、目ぼしい発掘品のない箇所は殆ど潰されて県営住宅になりました。昔は一帯が梨畑で季節になると綺麗だったとか。
それでも忘れられた立て札と共に、土饅頭はそこかしこに今も残っております。

東京郊外ですと 団地に姿を変えた多摩丘陵が、私の子供の頃は 果樹園とそれに続く街道が通る里山でした。

尾小屋ワフ3-62020年05月25日 16時53分26秒

ステップも付けてほぼ塗装済一次完成で、残りは尾灯と車体標記などです。
手ブレーキの取り付け位置や外側台枠など、間違いが有りますが、まあこれはこれで お次のハフ4に行きます。(^^;) 勿論 無蓋車も予定に入ってますよ。

ワフ3も形になると意外に愛着が沸きます、毛嫌いする程の事も無かったですね。

尾小屋ワフ3-42020年05月24日 21時33分42秒

暫くバタバタしてましたが少しずつ進めてます。扉を薄くしたり、台枠を付け直したり 色々有りますわ。
このあと扉レールを作って固定します。屋根も作らねば、デッキ手摺りはちと幅が広過ぎました。今更やり直す気はないのでそのまま利用します。
なを補強に8mmと5mmの角材を入れましたので、強度的には問題ありません。カプラーはロングと標準の中間が無いので、急曲線に対応させるため出っ張らせました。中間が欲しいですね。

また尾灯は後から付けられる様に、床下配線は済ませてるので何時でも付けられます。

近況!2020年05月11日 23時44分35秒

相変わらず毎日素材の切り出しを行ってますが、仙北の有蓋車や尾小屋のワフ、何か可愛ゆくないのです。まあ作ってますが、実物がこうゆう形なので仕方がないのですがね~。

十勝ワの様な、ときめきがあまり感じられないのです。ハフ4、ト1が終わったら試しにやや大きめの河西のケワ11や小型にした真谷地の代用客車、雄別のストーブ客車ナロー版も作ってみましょう。⇒誰も作らんし、興味も無いでしょう。(^^;) でもミキストにしたら似合いそう。ロコは下回りHO既製品流用の上回りだけのSLキットがあっても良いと思いますが。

以前、お仲間にご希望の車輌を伺った事が有りますが、全て私の嫌いな車両ばかしで参りましたがね~、こればっかしはやってて苦痛と感じるのでは趣味でないなぁと思いました。(^^;) 我乍ら 困ったものですわ。(やっぱし変ですね)
最近、Kさん音沙汰無いですが元気ですか?心配です。(まさか)
Flag Counter