パイク再び2017年09月21日 13時47分51秒

裏の配線を済ませ、線路、ポイントの調整を終え、試運転も済ませました。今回もフログ部分はマシン接点切り換えによる通電で 走行性能を高めてます。
操作盤は時間切れで 本体に収納しました。これでOn30、On2のエンドレスを用意出来ます。On30は外側曲線半径約240mm、内側約180mmなので小型車専用ですが、飛び入りの乗り入れ大歓迎です。ロコ単体ですと結構勾配を登ります。
さて表の作業を急がないと。(^^;)

On30パイク続き2017年09月14日 22時22分41秒

だいぶ間が空いてしまいましたが、ご覧の状態で 草巻き乾燥待ちです。乾いたら一旦台枠裏、マシン取り付けとフィーダー線共々 配線関係を済ませます。

草軽写真展2017年09月10日 10時07分29秒

鉄道青年さんが 9月10日(日)から24日(日)正午まで、北軽井沢 旧草軽駅舎内で写真展を開催してます。
昭和30年代、初出の写真も数多く見られます。爽やかな秋空の元、草軽電鉄に興味がお有りの方は一度立ち寄られては如何でしょうか。

On30パイク続き2017年09月02日 22時56分44秒

全て木粉ねんどで覆いまして、中央にホーム基礎を作りました。RML九十九里の停留所に惹かれまして、それっぽく作る事にしました。斑が有りますが大丈夫です、このあと地の粉MIXで覆います。
幅と成分比の違いだと思いますが、MEレールはどうもレール上面が早く酸化して汚れ易い様に感じるのです。そこで今回は篠原で統一して汚れ具合を見てみます。
一次ベース塗りを終え、バラスト撒布してまた一晩 固着乾燥中します。坂上への引込み線は土で埋まった感じにしますので 追って作業に入ります。

小さな軽便、九十九里の小さな客貨車をDLに引かせたいのです。時間があったら坂上に櫓でも作ります。駅裏の原っぱには草ロールでも置きましょう。

樹木続き!2017年08月18日 12時23分49秒

幹にLATEX RUBBERを盛り付け乾燥後、枝にシュロとココナツファイバーを細かく刻んだものを貼り付けます。茶色いココナツファイバーはココファイバーと云う名称でカインズHCで調達しました。
そしてハサミで形を整えてから塩ビにも塗れる下地サフェサーを吹きます。これでべとついていた肌も一般の塗料が塗れる状態になります。
続いて幹を塗り、スプレー糊をかけて葉材を付けます。若干剥げた幹の修正をして一時ストックです。
あまり考えもせずに作りましたが、はっきりいって失敗です。幹が24本、枝先が48本ですが、この方法(お花用ワイヤー利用)は小木向きだと思います。
もう少し大きい樹木は枝先が細い銅線、中枝にやや太目の銅線、幹がそれを束ねたものに充填材、ホットガン利用による盛り付けか、木材に枝を埋め込む形が良いと思いました。⇒大きな木を1本 試作してみましょう。

材料の銅線は余っている 昔の平行ビニールコードをばらせばかなりの量作れます。(今の電化製品は安全上、耐熱ケーブルを使ってるのか?)

第13回軽便鉄道模型祭2017年08月17日 14時10分19秒

恒例、秋の軽便祭ポスターです。

終戦を振り返り2017年08月17日 02時57分57秒

関係ない話題。(Youtube) 先に樋口季一郎の事を少し話しましたが、戦後封印されて来た史実から。
マッカーサーの告白(日本は悪くない)
https://www.youtube.com/watch?v=-Ji8g6PdCBI
硫黄島連合艦隊第五艦隊司令官余話
https://www.youtube.com/watch?v=q8gOmtKj63A
興味の無い方はスルーして下さい。

樹木作り2017年08月13日 16時01分20秒

雑用でバタバタ、のんびり樹木作りです。お花用ワイヤーは#26を使いました。幹や枝に ホットガンは削るのが面倒なので、今回はLATEX RUBBERを使います。
あと15本もあれば良いですが、欠点は指が痛くなる事です。作業行程は下記を参考にしました。
 https://www.youtube.com/watch?v=0FNQTxX_jT4&t=175s

On30パイク2017年07月27日 18時51分26秒

大きさは1200×600のOn30で、何年かかけて作り込んでいきます。
例え九十九里の様な小型車専用でも、On30だとこのスペースではご覧の様な単純なプランとなってしまいます。線路をもう少し引き回すにはOn2でトロッコ専用とするしかないと思います。
平行して疎かになっていた 車両製作へ手を掛けていきます。
ラフ過ぎてきたないですがこんな感じで 寂れた停留所以外、何にも無い野原と丘の風景です。今回は川や沼はありませんが、背面に崖の崩れと小さな橋をかけます。

今回は従来のモジュール寸法より 一回り大きいので 少しでも軽くするため、スピーカーは アンプや操作盤と共に別個に独立して作り、多芯コードで繋げます。ポイントは4番を改造(捻じ曲げて)使うか 面倒であれば自作します。

現在 台枠のみ組み立て済みで、ベースとなる大きなスタイロが近所に無いので、やや離れたHCへ行く時に調達の予定です。その間、立ち木など小物の製作でも進めます。

草の材料2017年06月29日 23時43分52秒

百均にて 遅れ馳せながら草の材料として試しに調達しました。どっちかと云うとOナロー向きで、一つの大きさが10cm角程度の大きさに、厚さ7~10mm程度の布団綿の様なスポンジに5mm程度の草材料が貼ってあります。
実際使う時は ベースの余分な座布団を落として使う事になります。そして部分的に使いたい場合や、他の草材料と併用されるのが良いと感じました。また広い面積をする場合はやはりグラスマスターの方が良く、小さい面積や部分的に使うのが良いでしょう。
ただ 袋に入れたままだと 草が寝ている状態なので、袋から出して保管した方が良いと思います。
Flag Counter