Feldbahnen in Österreich2016年12月29日 22時25分59秒

2011年発行なので 既にお持ちの方も居られると思いますが、オーストリーの軌道の本です。
59台のロコを集めてGrubenbahn museumを作られたManfred hohnさんの記録を纏めたもので、SLからGDL、TLまで、オーストリーの林業、鉱山、窯業、石炭、発電所、道路建設に使われた産業系軌道の集大成です。博物館は此方です。
http://www.grube-fortuna-besucherbergwerk.de/mehr_grubenmuseum.php
特徴としては情景や付帯する産業構築物も記録されているので、インダストリアルナロー大好きな方は ぜひ一冊加えて損はないと思います。

ゲージは500、600、760、800mm、解像度はやや甘めですが 1920~30~50年代が主で、クラウス、ヘンシェル、コッペル、マッファイ、ダイムラー等々BC型でそのまま日本で使われていても可笑しくない程。他にも小型スチームクレーン、模型向きの初期のエキスカベーター、戦前の木組みの構築物や構内風景画像が数多く有ります。
車両図面は残念ながら数枚のみですが、ある程度はwebや他の資料で参照出来ますので 大丈夫でしょう。
大きさは303×243mm(A4大)ハードカバーで304ページ、モノクロ写真が主で425枚。値段も手頃で彼方の書評でも 5つ星でした。日本のamazonでも手に入りますし、お薦めです。

関係ありませんが樋口季一郎、テレビでやっていたのですね。知りませんでした。
 https://www.youtube.com/watch?v=4caq5e_toz8

Die feldbahn 152016年12月27日 17時27分34秒

1975~2000年にかけて記録された今は無きドイツ各地の産業系ナローの紹介本。カラー214枚、128ページ、大きさ240×165mm。
トロッコ好きの方 向き、車両図面はありません。車両図面は同シリーズの12巻をどうぞ。
また列車写真と共に 周りの情景も写されているので、ジオラマレイアウト製作の参考にもなります。

潜伏作業中2015年08月18日 23時52分41秒

ただ今 自宅にて潜伏作業中です。何せ先が詰まっているので大変で、飽きると暇をみては雑誌を引っ張り出して覗いております。
最近 我が国のレイアウトは実物の情景をスケールダウンか模したタイプと、思いっきり簡略化した所謂”玩具”タイプは多く見られますが、実物っぽく しかもプロトタイプの無い、オリジナルの世界のものが少ない様に感じるのです。
何故でしょうかねぇ、何処かの鉄道を作れば、ネコも杓子も右へ倣いで 似たり寄ったりの感じに見えるのです。勿論例外は有りますが。(○○高原鉄道とか・・・以前は色々あった覚えが。)

具体例を挙げて申し訳ないですが、草軽のL電はパンタを付けて炭車を引かせたくなりますし、凸電+あさまは別として、客貨車は数台繋げてB+Bの箱型ELに引かせたくなります。
解りますかねぇ。恐らくあり得ないと云われそうですが、でなければ台湾の日車製糖会社仕様の様な Cタンクに引かせたいのです。
まあ、草軽や旧仙台鉄道、西大寺、佐賀関の客貨車を引き取った設定にして、場所は九州の高原を走らせると云った設定にすれば良いのでしょうか。
私もまだまだですが、他にレイアウトの色調の統一と云うのが一つのポイントに感じております。

続き22015年08月04日 10時57分36秒

これ ナローで作って、氷河急行の展望車みたいなやつ牽かせて、上高地まで鉄道を引きたいです。
なぜやんないのか?試算で黒字間違いなし、景気対策、継続的観光客誘致にもなるのに。
全線新線か 一部併用軌道にすれば良いでしょう。取り敢えず沢渡から上高地まで。こういうのは一度決めたら、ある程度 強引に進めないとだめ。バスの排気ガスが田代の方まで流れているのにねぇ。目標はオリンピック後。何方か1/48で作ってぇ~♪

失われた狭い線路の記録集2015年06月28日 17時05分18秒

未発表の 主に建設時や昔の軌道が紹介されており、興味が沸く画像が数多く収録されてます。
確か 八戸の軌道が纏まって紹介されるのは初めてではなかったかと。(8P)それ以外、増東軌道や富士電気軌道、大畑林鉄の1枚のカラー画像が好いですね。
海外では類似の写真は多く見られますが、我が国では戦災の影響か 非常に少ないだけに、結構楽しめます。( ジオラマレイアウトの参考にも。)
ゆえに 160Pのうち、東村山、山口貯水池軌道関連が60Pを占めてますが、記事の偏りもあって当然、資料が有るものは出して頂いて感謝です。

また 少ないとは云え、高田機工の面白いロコや水道局関連のホイットコム、ドイッツ、プリムスなど、新たに起こされた 1ページ大のDL、GL組立図が6枚付いているのは、Oナローマニアとして 大変有り難い事です。
強いて云えば、圧縮図でも良いから古いクレーンの図面もあったら なを良かったかなぁと。全般的に 私の様なナロー、トロッコ大好き人間向きでしょうかね~。もし 続編を予定されているのでしたら、資料の少ない、鉱山ナロー重点のものが有ると良いのですが。

レビュー誌2015年05月28日 14時05分29秒

最近、レビュー誌でもGn15が出て来る様になりました。
流石ラージサイズだけあって、迫力抜群ですが 我が国の住宅事情から、そのままの導入は限られたものになります。
エンドレス組みの作例ですと、1200×812mmで、移動もそれなりの覚悟が必要です。これを1/35にすると、770×523mmと、手の届く大きさとなります。なので 将来トロッコ パイクを作る場合は、1/35、16.5mmゲージが作り易いサイズかなぁと考えます。

トロッコ写真集2015年05月18日 13時59分27秒

今更ですが、平成3年(1991)と云いますと、まだまだ仕事が忙しかった時期。
とても趣味など省みる暇はありませんでした。月月火水木金金(古~)、睡眠を取るか、書類を書くかの二者択一の毎日でした。
この時期、買い逃したものを 今頃、思い出した様に 漸く調達しました。
多少期待しましたが、内容的には 特に目新しいものは無く、既に他紙で紹介されている軌道ばかりで、図面も有りません。
例を挙げますと太平洋、新宮商行、三井芦別、尻屋、日本粘土、住友セメント、立山、松本建設、大谷、明延、鋼管芳井、別子、四国鉱発、三井三池、津久見など、比較的近年の軌道で、ページ数も限られますので あくまでトロッコ紹介写真集でしょう。
個人的には肝心なものが入って無いと思いましたが、あくまで作者の活動記録なので。ジオラマの参考になる情景や一部車輌の詳細が解り、トロッコ好きには 一冊加えたい本です。

トロッコ2015年02月05日 16時13分14秒

当面1/48は継続しますが、どうも最近 On2でも小さい気がしまして・・・。
浜横川、栃洞、八木鉱山等の現役時代をwebで見るにつけ、まだまだ修行が足りないと感じてしまう訳です。

大げさに云うと、限られたスペースに凝縮して見せ、しかも楽しめるデザイン、テクニックでしょうか、高低差の活かし方とか 難しいですねぇ。
鉱山は762mmだと大きい部類に入り、特に中小鉱山は殆どが610mm以下なのです。もっと利用可能な 動力下回りが有ると良いのですが。

ちっちゃい車輌の物足りなさもあって 最近、1/35にそろそろ行こうかと考えて居るわけです。(トロッコ限定) 流石にGに行くつもりはありませんが、吹けば飛ぶような物で無く、がしっと掴める車輌が欲しいのです。(三菱のTLなど。)
勿論、展開は単独のパイクと云う事になりまして、ステージを一つ作ったら やや車輌偏向になります。(^^)
(パイクと云っても運転盤はともかく、板っぺらに線路を貼り付けただけではありません。縦方向を活かしたパイクです。)
まあ取り敢えずは1/48で、茂住に佐渡や佐々連のTLまで作ってから。数年後になりそうですが。(^^;)

Oナロー用 ダミーのダルマ転轍機2014年03月05日 00時39分33秒

こんばんは。
 ここの処 雑用があってなかなか進みませんが、皆さんOナローで ダミーのダルマを使う場合、どうされて居られるのでしょうか?
今まではカブースインダストリアルだったかのプラ製を使って居りましたが、他にないか探しております。
HO用は幅が約5mm、Oナローにすると8mm、足尾の実例をみますと使えない事はないですが。
ウ~ン・・・実際に置いてみてから考えましょう。(^^;)

次ぎ!2013年10月17日 23時27分26秒

まだ内緒っても そんな大したものではありませんが、お次のプランの準備に掛かっております。(^^)
道内の漁師さんは 冬、港で余った小魚をわざと岩壁に撒いておきます。エサの少ない時期に海鳥達にやるためです。
うちの柿も高い場所や余ったやつは 殆どが鳥たちのエサで、朝など群がっております。 取ろうとすると妻から怒られます。(^^;)
Flag Counter