苫小牧専用線の客車2020年06月28日 13時35分30秒

以前作りました 王子製紙苫小牧専用線の客車ですが、側板の厚みを表現するために 0.5mm薄板と細角材の組み合わせで作ってまして、かなり手間が掛かりました。(粗が目立ちます。)
そこで今回はケンラン紙を使ってもう少し容易に作ろうと思います。デッキ部分手摺りは 平角材で治具を作って量産可能にしましょう。前回車体色はご覧のAccu flexのマルーン色ですが、今回はもう少し暗い色にします。ただ国鉄マルーン色が好みで無いので、濃いワインレッドとか違う色を探してます。
追記!
支笏湖畔に佇む王子製紙苫小牧専用線の車輌たち、想像しただけで楽しくなりますね。ゆくゆくはジオラマレイアウトで表現しましょう。(やはり固定レイアウトかな?)💖

但し、苫小牧はもう少し資料を揃えたいので、尾小屋ホハフ2が済んだら ホハフ2と組立が似ている、十勝コホハ31とキハ2に掛かります。💖

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

Flag Counter