尾小屋ワフ32020年05月09日 23時19分46秒

実車を参考に各部の寸法を決め、部材の切り出しに入ります。組立方は十勝貨車同様に実物通り、板材を重ねて内部に太目の補強材を入れます。明日から板材作りで、無蓋車分も切り出しておきましょう。

ただこれが結構辛度いのです。やや大きめの机上丸鋸盤を使ってますが、あまり厚手の刃だと素材が薄いのでバリバリ割れてしまうし、長尺物を切り出す場合は 丸鋸刃が撓るので、微妙な力加減が難しいのです。慎重に数を切り出して歩留まりを上げるしかありません。(慎重にやっても 規格外のゴミがかなり出ます。)
そして一枚づつ重ねて組み上げた表現は、正確にキッチリしたものでは無いですが、金属のエッチングやプラ板や筋掘りでは真似出来ない独特の味わい、温かみが有ります。(^^)  これが出来るのもOサイズならでは。

今回は車体と下回りの取り外しを止めて固定とします。1両試作して さらに修正して組み上げ、引き続きハフ4を作ります。ワフ3は1両だけですが、ハフ4は2両作りたいですね。
追記!
休み休み作業してます。以前作った仙北のワもこの際、仕上げましょう。留置線ヤードモジュールは 一旦部屋を片付けてから。展示会が中止になったので、引き続き車両製作に重点をおきます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

Flag Counter