別子銅山の客車62020年01月15日 22時24分00秒

何時ものガイアカラーで下塗りしました。主に隅々の塗り残しを防ぐため、塗料の入り難い箇所を筆で隈なく塗ります。
ガイアカラーは発色が良いので使ってます。毎回換気扇は必ず動かしますが それでも臭いには閉口です。

広い部分は、この後吹く塗料で隠れますので適当で大丈夫です。これでまた一晩乾燥し、晴れて風のない日を選んで吹付塗装です。
妻面貫通部の保護手摺りがかなり出てますが、図面通りの7mmです。
個人的にプラが苦手なもので、敢えて紙と木に拘ってます。プラモが出る前の木製キットに郷愁が有るのかもです。
ヘボでへたくそですが、一から自分で作ると愛着が湧きます。(^^)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

Flag Counter