樹木続き!2017年08月18日 12時23分49秒

幹にLATEX RUBBERを盛り付け乾燥後、枝にシュロとココナツファイバーを細かく刻んだものを貼り付けます。茶色いココナツファイバーはココファイバーと云う名称でカインズHCで調達しました。
そしてハサミで形を整えてから塩ビにも塗れる下地サフェサーを吹きます。これでべとついていた肌も一般の塗料が塗れる状態になります。
続いて幹を塗り、スプレー糊をかけて葉材を付けます。若干剥げた幹の修正をして一時ストックです。
あまり考えもせずに作りましたが、はっきりいって失敗です。幹が24本、枝先が48本ですが、この方法(お花用ワイヤー利用)は小木向きだと思います。
もう少し大きい樹木は枝先が細い銅線、中枝にやや太目の銅線、幹がそれを束ねたものに充填材、ホットガン利用による盛り付けか、木材に枝を埋め込む形が良いと思いました。⇒大きな木を1本 試作してみましょう。

材料の銅線は余っている 昔の平行ビニールコードをばらせばかなりの量作れます。(今の電化製品は安全上、耐熱ケーブルを使ってるのか?)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

Flag Counter