軽便祭2013年10月07日 18時25分04秒

今年も楽しい催しが行われました。祭り事務局の皆様、ご参加頂いたメーカー、出展者の皆様、大変お疲れ様でした。改めてお礼申し上げます。
前日の講演も圧巻でした。追って草軽についての本が出るそうで、楽しみですね~♪ 
特に模型に使える しっかりとした未発表図面をね、Yさん ぜひお願い。♪ 出来れば全形式網羅して頂ける事を切にお願いします。(後世に残る様な模型図面集付きで。)

さて私の工作はジオラマから少しは車輌へシフトする必要があります。
何せ1~2年、まともに作って居りませんので。
で、これからの目標 ”鉱山を作るぞ~♪”
車輌も含めです。On30は暫く控えめに。(^^) 苔は早速 ジオラマモスをグツグツ お鍋で。(^^)

近況2013年10月13日 00時30分55秒

朝晩の涼しさから秋を感じる様になりました。
 広々を狙った 原っぱでしたが、ozuさんも木を植えると違ってくるとか話されて居りましたし、やや寂しいので 私も木を植えてみました。部分的に背高草も追加していきます。(馬でも置きましょうかね。)

そろそろ車輌工作へシフトするため、 本格的に部屋の片付けを始めております。あちこちに散在する材料を一箇所に纏めて作業部屋とするためです。

http://www.hoshusokuhou.com/archives/33051605.html
http://uyosoku.com/archives/32462217.html
http://www.hoshusokuhou.com/archives/31211439.html
http://www35.atwiki.jp/kolia/m/pages/68.html
http://www.hoshusokuhou.com/?p=2
http://www.hoshusokuhou.com/archives/32948797.html
http://www.hoshusokuhou.com/archives/32759533.html

雑感2013年10月13日 15時17分53秒

ozuさんの10.5mmパイクを拝見しましたが、狭軌感が好いですねぇ、何とも堪りません。
10.5mmは急には無理としても DMCさんのOn2でしたらナントカなるかなぁと・・・。でも私の大嫌いなMEマイクロを一つずつ穴を空けて打つなんて・・・とても無理です。

尤も鉱山なので 太めのレールを使えば何て事はないわけでして、あとはポイントを頑張りましょう。
また、作りかけの600×900パイクはイマイチ気に入らないので、目下新プランを思案中です。
イメージとしては、以前のDOUSANDAGEの様に真ん中に木橋を配置し、片方に鉱山積み込みホッパー、又は杭口。もう片方に機械工場、積み卸し架橋など。
作りかけの木橋が左右600あれば充分収まりますので、そのブロック裏に列車編成毎乗せるトラバーサーを設け、交代で表に出てくる様にする予定です。そうすれば、一々線路に乗せる手間が省けます。
また積込ホッパーなど 縦方向に延ばす事を考え、片面背景付きの展開に。1ブロックの大きさは左右600~770mm(ONMCモジュール接続も 逆にして接続可能に。⇒つまり奥へ雛壇式に直線部分を設ける訳です。)
奥行きは430程度で、エンドレス接続時の最急曲線は?・・・楽しいですねぇ~♪

台風一過2013年10月16日 16時42分05秒

台風の影響で 風に煽られて居りますが、この時期の河原のススキはこんな色合いです。時たま見る度にゆっくりと変化していきます。半月おき位に定点観測すると面白いかもです。(^^) はい、ド田舎です~♪

ススキその22013年10月17日 11時11分15秒

晴れた日だと こんな感じ。(^^)

次ぎ!2013年10月17日 23時27分26秒

まだ内緒っても そんな大したものではありませんが、お次のプランの準備に掛かっております。(^^)
道内の漁師さんは 冬、港で余った小魚をわざと岩壁に撒いておきます。エサの少ない時期に海鳥達にやるためです。
うちの柿も高い場所や余ったやつは 殆どが鳥たちのエサで、朝など群がっております。 取ろうとすると妻から怒られます。(^^;)

ススキその42013年10月24日 16時43分35秒

定点観測です。秋の季節の表現は我が国ならではの風景が見られますが、ジオラマに表現するのは、意外と難しいです。
氷河時代、ユーラシア、ヨーロッパ、アメリカ大陸と氷河に覆われまして、温帯の木々は殆ど残りませんでしたが、日本の東海以西の海岸線沿いが僅かに残り、それが全国に広がって、世界でも珍しい樹種の多さとなっているとか。
我々は殆ど気にもしていませんが、外国から見ると 日本の季節と紅葉は素晴らしいそうですね。(^^)
栗駒は新緑の頃しか知りませんが、以前 未だ道路があまり整備されていなかった頃行った、秋の夏油温泉は綺麗でしたよ。
志賀の大沼とか、地元だと、照葉峡の上のブナ林が意外と知られていないのですよ。
http://www.youtube.com/watch?v=chLL6vcPx8c#t=49

On2_ジオラマ2013年10月27日 23時15分34秒

色々練ってはいるのですが、立体的に考えるのは難しいですね。右上は建物かシェッドへ入る方が繋がりが良い様に感じるのですが・・・。(^^;) ・・・で、point to point 自動運転_組み込みで。実際の製作段階で 出来ればさらにダミーで良いので 側線を増やし、変わった車輌の停留場所としたいのです。
特に立体的なものは、組立乍ら線路配置と建造物の位置を考えます。そして地形に合わせて建物や橋の寸法を決めていきます。ここがHOナローと違う処ですね、何せ面積比1/4ですので。高低差は120mmです。
そして前後を逆にでも繋げる様に。逆の場合は展示用で、背面下は隠れヤードです。

勿論 13mm鉱山専用線です。斜坑は石炭の場合、金属鉱山の場合は そのまま平面で背後の扉付きトンネルへ消える形でも良いのです。
背面は石垣か石積みで、その上の斜面を雑木と雑草で覆う形で。明延を思い切って圧縮して 一部分を切り取った感じで行きたいのです。
腕も無いくせに 鉱山のあの狭軌感が堪らないのですよ。車輌も無いのに線路を敷くなんて 可笑しいですね~♪(^^)

何回も作っては壊しで 木材、スタイロなど、台枠の材料はありますし、他にもコーナー用のベースが新旧2台、古いのは線路を残し、表面を一旦更地にして新規に組んでいきます。また 持ち運びに邪魔な角を 斜めに切り落として使います。

どうやら車輌へ行くのはもう少し冬本番、寒くなってからでしょうか。いやになるまで このまま地面作り(地形、土と草植え)が続きそうです。
そう、灯台のある海岸風景も資料を揃えてありますし、あとは海沿いにある黒松をどう作るか、答えが出ればGOです。(一案に、枝は銅線、紙巻き、盛りつけ、幹は木枝に筋入れ、葉はミニネイチャーの草。)

鉱山ジオラマレイアウト2013年10月29日 15時51分39秒

寸法を計り、プランをさらに詰めてみました。限られた面積で楽しむためには OナローはHO以上に盛りだくさんに詰め込んだ方が良い様です。さもなくば だだっ広い面積が必要と痛感しております。
こんな感じで如何でしょうか。(^^)~♪
先に3段レイアウトを作りましたが、高低差はホッパーのポケット部分を考慮する関係で、150mm以上 必要ではと。 問題は石炭か他の鉱石かです。チップラー 今度こそ動かしたいですね。
今後は粗製乱造でなく、何年か掛けて作り込んで行きたいと思います。(^^) 
・・・あくまで個人的な見解ですが、魅力あるジオラマは地面 つまり地表の土と草を如何に実感的に表現出来るかにあると考えております。ここさえクリア出来れば あとはどんどん進められます。
それから地面の参考に山やハイキングのサイトやjapan-guide.com等も参考にして居ります。林の中の小径の地表面の処理、植生が参考になります。
追記
製作に入れる段階で さらに詰めました。ポイントは5箇所可動で 中央左側を延長させて入れ換えを出来る様にします。シックナーは無理があるので他に移動します。線路の接続が一番大変になりますので、一部可変させるとか対策を考えます。(^^) ・・・今回は2段+αと云った処でしょうか。
Flag Counter