お次は地面2013年05月25日 23時50分16秒

Tさんへの宿題も終わり、明日より地面に戻ります。今回は特に 草を生やす前の場所毎の、地面の表現に 力を入れたいと思います。・・主操作盤の付いた地面は 何もない地面で、いかに自然を表現するか、お隣と地面の流れやタッチを揃えます。・・・欧州の様に出来れば追々高さ等、規格化した背景を付けたいと考えておりますが、もし各々のモジュールで一つの世界を作るとしたら、壁は絶対必要だと思います。   ・・・そのためには限度はありますが ある程度の大きさも必要ですし、もっと建物のレリーフ、塀や丘、林といった自然の情景を上手く利用する事も必要だと思います。・・・さて地面、イメージとしては 所々土の地面が見える なだらかな草地の斜面で、遠くに緑の山並みが見える風景。阿蘇の草千里の端と言っても余りに遠すぎですので、近所で参考になりそうな、草津白根の山麓辺りを参考に。でもちょっとイメージ違うな。(^^;)♪             ・・・今 行っている事は、HDD内や雑誌の草地、空き地画像をみて、イメージを組み立てております。そして、乾いた ねんどの平原上に鉛筆で土地の利用計画を描き込んでおります。・・・大体イメージが固まったら、一番下の地面作りへと進む訳です。併せて雑草、灌木類の材料作りも行います。(^^)
Flag Counter